ミスると台無し!?ガーゼケットの洗い方を解説

寝具

夏場に活躍するガーゼケット。

洗濯機で丸洗いでき、洗うたびにふんわり感が増す優れものです。

しかし、洗い方を間違えるとガーゼケットが破れたり、縮んだり、他の衣類に色が移ったりします。

丸洗いで簡単とは言われていますが、実は洗い方にはいくつかの注意があるのです。

スポンサーリンク

洗濯機で洗う

洗濯機で丸洗いOKですが、正しい洗い方というものが存在します。

  • 洗濯ネットに入れる
  • 漂白剤は使用しない
  • 柔軟剤、柔軟剤入り洗濯洗剤は使用しない

洗濯ネットに入れる

ガーゼの目は粗く編まれているので、突起などに引っかかると破れてしまいます。

他の衣類・寝具などにフックやファスナーがついている場合、それらの突起が引っかかってしまう可能性があります

一緒に洗うものがある場合、必ずガーゼケットをネットに入れて洗濯してください。

漂白剤、柔軟剤

ほとんどのガーゼケットの素材は綿、麻です。

綿や麻というのは色落ちしやすいので、漂白剤を使うと柄にムラが出来てしまいます。

柔軟剤は使用しても構いませんが、ガーゼケットが無添加である場合は、使用を控えることをオススメします。

折角の無添加商品を化学物質で洗ってしまうと、無添加商品とは呼べなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

乾燥の仕方

洗濯機で洗った後はしっかりとすすぎをします。

そのあとの乾かす時には乾燥機は使用しないでください

乾燥機で乾かすと繊維が縮んでガーゼケットに凹凸ができたり、変形してしまいます。

乾かす時は形を整えてから天日干しをしてください。

ガーゼケットは乾きやすいので、部屋干しでも構いませんが、風通しの良いところに干してください。

新品を買った直後

ガーゼケットを購入した後は使用前に一度洗濯をしましょう。

 

新品のガーゼケットは通常生地が硬くなっています。

洗濯してやることで生地が柔らかくなり、ふんわり感が出てきます。

洗濯機ではなく手洗いでも構いません。

 

新品のガーゼケットが最初から柔らかかった場合は、必ず洗濯してください

出荷前に柔らかくする処理を施されており、商品に柔軟剤が残っている可能性があります。

当然ですが、そのまま使用すると肌に良くありません。

特にアトピー肌の人や乳幼児が使用する場合、しっかりとすすぎをしてください。

スポンサーリンク

まとめ

ガーゼケットの洗い方について解説しました。

丸洗いできる寝具ではありますが、いくつかの注意点がありました。

  • 洗濯ネットに入れて洗う
  • 漂白剤・柔軟剤は使用しない
  • 乾燥機は使わず、天日干しで乾かす

肌に直接触れるものなので、ただの洗濯と思わず、使用者の肌を守るためと考えて、正しく洗ってあげてください。

 

ガーゼケットの特徴やタオルケットとの違いを知りたい人は、こちらをご覧ください。

ガーゼケット初心者の為の「ガーゼケットとは何?」
タオルケットとよく似た名前の「ガーゼケット」。 タオルケットと何が違うの?そもそもガーゼケットとは何? ガーゼケットってどんな特徴があるのか、タオルケットとどのように違うのか、ガーゼケットを選ぶポイントをまとめました。 ...
タイトルとURLをコピーしました