葬式にピアスをして参列するのはOK?どんなマナーがあるの?

未分類

お葬式って滅多にないし、突然決まりますよね。(当然ですが)

いざという時にために、当然のマナーとして、喪服は予め準備している人は多いでしょう。

服も靴も基本は黒色で良いですが、アクセサリーはどうしたら良いのかわからないという人もいますよね。

中でも困るのがピアスでしょう。

年配の方の中にはピアスに対して良くないイメージを持つ人もいますからね。

そこで今回は、葬式に参列する際のピアスのマナーについて紹介します。

スポンサーリンク

葬式にピアスをして行くのはOK?

基本的には葬式にピアスはして行かないほうが無難です。

女性の場合、洋装であればパールネックレスは服装のマナーとして付ける方が良いです。

けれど、女性でも男性でもピアスは不必要なアクセサリーと捉えられてしまいます。

特に、キラキラしていたりチェーンが付いていたりすると、非常識な人と言われてしまうでしょう。

どうしてもピアスがしたい場合には透明なプラスチックのピアスで我慢しましょう。

ただし、これは耳に付ける場合です。

口や鼻などは何も付けないでくださいね。

女性の場合、一部のピアスは可能

女性の場合、洋装であれば、小さめのパールのピアスを装着しても構いません

葬式用のピアスなので、パールの色は白、黒、またはグレーにしておきましょう。

また、片耳だけでなく、両耳に付けてくださいね。

もし、ネックレスをする場合にはピアスはしないほうが良いです。

パールのネックレスとピアスの両方をつけるのはマナー違反と言われてしまいます。

もし、両方持っているならネックレスだけ付ける方が断然良いです。

男性の場合は、ピアス、ネックレスともにつけないでください。

ピアスを開けたばかりの人は?

葬式は突然やってきます。

中には「ピアスの穴を開けたばかりだから、穴がふさがらないようにしておきたい」という人もいるでしょう。

でも安心してください。

数時間だけピアスを外しておいても穴が塞がることはありません

どうして気になるなら、葬儀会場に入る前に外し、終わったら付け直すと良いです。

もし、女性であれば葬式用のパールのピアスを付けてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

葬式に参列する場合は、基本的にはピアスをしないほうが良いです。

葬式には幅広い年代の人が参列します。

年配の方に限らず、ピアスに対して良いイメージを持っていない人もいるものです。

そこにキラキラしたピアスなんかを付けていくと「何しに来たんだ」なんて言われかねません。

 

お葬式の間だけピアスを外しておいても穴が塞がることはないので、外しておきましょう。

どうしても付けておきたい場合は、透明の樹脂ピアス(プラスチック)で我慢。

葬式の服装・アクセサリーのポイントは黒・白をベースに地味な格好をすることですよ。

タイトルとURLをコピーしました