ぐっすり生活~Good Sleep Life~

良い睡眠で健康的な生活を送ろう!

季節 睡眠

梅雨の寝苦しさを解消には湿度と温度の管理が大切

投稿日:2017年3月2日 更新日:

梅雨の時期って寝ようとお布団に入っても汗をかいたり、手足に蒸し暑さを感じてなかなか眠れないですよね。

やっと眠れても汗で体がベタベタして気持ちよく起きられないってことがありませんか?

「暑いせいだ!」と思って、扇風機やエアコンを着けたまま寝てると寒くなってしまうし・・

そんなわけで、人が快眠できる適切な温度・湿度・体温調節について、まとめました。

一年中快適に眠るためにも、最適な湿度・温度と睡眠時の体温調節について知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

快適な湿度は何%?

室内の快適な湿度は40%~60%と言われています。

湿度が40%を下回ると「乾燥している」状態となります。

乾燥してると、目、肌、喉に影響がでやすくなります。

  • 目が疲れやすくなる
  • 肌がカサつく
  • 喉が枯れて痛くなる
  • 風邪やインフルエンザなどのウィルスが活発になる

反対に湿度が60%以上となると「ジメジメしている」状態となります。

湿度が高いと身体よりも室内の環境に悪影響を及ぼします。

  • カビが繁殖しやすくなる
  • ダニが活発になる

梅雨の時期に寝苦しいと感じるのは湿度が高くなっているせいで、睡眠中にかいている汗が蒸発しにくくなっているためです。

汗に含まれる塩分のせいで肌がベタつき、不快な状態で睡眠しているため、寝苦しく感じてしまうのです。

スポンサーリンク

快適な温度は何℃

夏場の快適な室温は25℃~28℃。冬場は18℃~22℃と言われています。

夏場に27℃や28℃ってすごく暑くて全然快適とは思えませんよね。

実は暑さを感じる原因に湿度も関係しています。

同じ28℃の室内でも湿度が80%だと蒸し暑く感じるし、50%だと快適に感じるのです。

湿度と温度を調整する

現在の湿度・温度を知っておく必要があるので、湿度計、温度計を準備しておきましょう。

デジタルでもアナログでも見やすいほう、部屋の雰囲気に合うもので構いません。

温度・湿度を調整するために、エアコン、扇風機、除湿器などが必要です。

梅雨の時期の私の個人的なオススメ設定は

湿度は40%前後

温度は27℃前後

です。

湿度を低めにする理由は、湿度が低いほうが、布団が吸収した睡眠中にかいた汗を放湿しやすくなるからです。

温度を高めにする理由は、湿度が低いと体感的には涼しく感じられるからです。

湿度が低い状態で、あまり温度を低くすると寒くなってしまいます。

エアコンなどを使っている場合、高めの温度設定の方が電気代が安く済みます。

もし、寝ている間に暑く感じるようであれば、エアコンや扇風機の設定を変えるて温度を下げてやることで自分が快適に感じるように調整してみてください。

温度を調整するほうが湿度を調整するよりも簡単です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 快適な湿度は40%~60%
  • 快適な温度 夏場は25℃~28℃、冬場は18℃~22℃
  • 湿度・温度を調整して自分が快適な環境を探す

梅雨の時期でも快眠するための湿度と温度についての記事でした。

快適だと感じる温度と湿度は人によって若干は異なると思います。

今回の記事を参考にして、ご自身が快適と感じる温度・湿度を探してみてください。

-季節, 睡眠

執筆者:

関連記事

快眠するには

日々の疲れを癒すには質の良い睡眠は非常に大切です。 しかし、忙しい生活だと睡眠時間も限れてしまいますよね。 しっかりと睡眠をとらないと身体の疲れ、目の疲れ、脳の疲れが十分に癒されず疲労が蓄積してきます …

30代主婦があいうべ体操でいびき改善効果を実感した体験談!

みなさん、自分のいびきで恥ずかしかったり、寝苦しかったりしたことはありませんか? 私(筆者)は女性ですが、若いころから睡眠中にいびきをかくことがあり、学生時代に合宿などで恥ずかしい思いをしたことがあり …

知らないとヤバい!!寝起きの握力低下は病の前兆!?

この現代社会、社会人の皆さんは忙しい毎日を送られていると思います。忙しない毎日だからこそ、しっかりと睡眠をとって仕事にメリハリをつけたいものですよね。   でも、どれだけやる気があっても寝起 …

梅雨に備えて布団のカビ対策を知ろう!!

梅雨になると布団がジメジメしたり、カビ臭くなったりしたことがありませんか? 布団にカビが発生した布団で寝るのって気持ち悪いですよね。 私も一人暮らしを始めてすぐの頃はまだベッドを買っていなくて、床(フ …

結露は湿度何%で発生するの?温度以外も関係するってホント?

冬の時期は窓に結露が発生すること、よくありますよね。 特に乾燥するからといって、加湿器を使っていると窓のサッシが水浸しになってしまったり・・ 結露って湿度が高い時に発生するイメージだけど、実は、低くて …